こゆっきーのしゃちょう日記 yukiweb.exblog.jp

コーヒー豆を焙煎するこゆっきーの徒然冒険日記。


by こゆっきー
プロフィールを見る

【ドラム】第7回 休符の移動~フィルイン攻略10パターン~

はいこんにちは。

a0155822_01181458.jpg
1回30分のドラムレッスンも通算7回目に突入しました。

2ヶ月前までドラムの「スネア」すら何のことだか知らなかった私が、

曲に合わせて両手両足を(なんとか)操り、リズムを刻んでいる!

そして楽しく、ギブアップせずに今日まで続いております(ここ重要)!

これってすごいことだと思いませんか?すごいですよね?ね?

・・・
・・・

…はい。(しつこい)
というわけで今日もお馴染みのダブルストップ(両手打ち)でスタートです。

a0155822_02273509.jpg
おうちでもこれ↑で練習できますが、
なかなかフルストロークを連打するのは勇気がいります(ご近所的に)。

教室ではパワーの遠慮は要りません。
今日もスピード160bpmでダダダダ…と元気よくスタート。

今まで手首の振りに頼っていましたが、
少しずつ指の動きが出来てきた模様。

それでもまだまだきついのですが。
ストレッチも教わりつつ。

K先生「この調子で練習を続けてみてください^^」

(わかりました!)

・・・

続いて手足の筋力トレーニング。

90bpmで足を上げ下げ、同時に指のグーパーの継続。

今回はなんとかせねばと筋力の強化を意識してきた…ものの。
地味ながら私にとっては本当に辛い基礎練習です。

右手が…次第に開かなくなり…くっ…

最後にはいつも詰みます\(^o^)/。はい。

先生には僅かな前進を褒められましたが(先生は絶対に貶さないのです)、
まだまだいけるはず!と言われております。

引き続き筋トレがんばります!

・・・

次、なんとかアクセントは前回の課題であった

打面すれすれでスティックを止める意識(ダウンストローク)を
意識したので、これはかなり改善がみられました!
a0155822_01271694.jpg
ポンとスティックが打面で跳ねたらはねっぱなし、ではいけない。
コントロールする気持ちが大切だそうです。
(と、私は解釈しました)


ゆっくりで流したあと、早めのテンポにトライ。
しかし早くなると左手の鳴りが弱くなるのが弱点のようです。

左手のコントロールは今後も徹底的に矯正していかなくては!

現状は110bpmまで来ているとのこと。

K先生「年明けには指の筋力が上がってきて、
ロール(高速連打)の練習に入っていけるでしょう^^」

(わーい楽しみですー☆)

・・・
・・・

それではドラムセットに移動しましょう!

a0155822_13242969.jpg

今日は前回の最後に教わった休符の移動の説明に続き、フィルインパターンを攻略していきます。

休符の移動とはどういうことかというと、

a0155822_21271430.jpeg

このように4つの続く音符のうち、どこかが欠ける(休符が入っている)ということです。

a0155822_21293807.jpeg

手の順番がR(右手)、L(左手)と決まっているので、
これらのパターンに準じて決まった手順で叩かないと、後が続かなくなってしまうんですね。

a0155822_21280434.jpeg

更に今日はGrid(グリッド)-マーチングドラムで使用される言葉ですが
ーこれはつまりカメラのグリッド線のように構図を定めるために
小節を任意の値で区切った枠のことですが、
このグリッドを形成したときに最後にフィルイン(おかず)を入れてみようという練習。


まずは終わり1小節にあたるフィルイン部分の練習から。

a0155822_21271430.jpeg
これらのパターンを4回ずつつなげると、すてきなフィルインのできあがり!

a0155822_23323469.jpeg
こんなふうに♪(プリントFill in ①)



で、①を叩くにあたり、
スネア、ハイタム、ロータム、フロアタムの位置を確認したら、
何度かタム回しをして距離感をつかむ

ちなみにタム回しは第2回でも既にやってました

覚えてる覚えてる。
ドコドコドコドコ…と連続して叩くやつ。

K先生「テンポが上がってもしっかりドラムの芯を叩けていますね!^^」

(ありがとうございます!)

オレンジ、ドーナツ、バナナ、スキップ、ウダダダ…と
いつもの休符パターンを連続して無事に叩けるようになったら、

Gridの形式で4小節の最後にフィルインを入れて、つなげて叩いてみます。

a0155822_21280434.jpeg

途中、ちょっとスキップ、ウダダダ…の手順が怪しい!?と
思うも、即修正してプリントの課題①~⑤は問題なくクリア。

a0155822_23324609.jpeg
Fill in ①プリントの⑥~⑩は少しずつ難解に。


K先生「⑥はよく耳にする通称「タカトン」です。
つまりバナナですね。⑥はタンタンタカトン。

右、右、右左右、の打順を間違えないようにしましょう。
なぜ右手ばかりが連続するのかというと、
これは将来的に装飾音符(フラム、ラフ)を左手で入れるようにするためです。
その為にメインは右手で打つようにしましょう。


⑧はオレンジですが、6切りのあと、2回ずつ叩いてタム移動します。
フルストロークの連打なので、今は「振る」のと「移動する」ので意識が五分五分だと思いますが、
そのうち弾んで移動のほうに自然と意識が行くようになりますので大丈夫です」

a0155822_21282800.jpeg

⑨は「そーっと+タカトン(バナナ)」です。


さすがに難易度が上がってきたので
テンポを少し落としていただきました。
a0155822_23324609.jpeg

更に⑩になるとハイハットとスネアの打順に四苦八苦しながらも、
なんとかクリア☆


a0155822_00355199.jpg
ふぅ~!



・・・
・・・
K先生「こゆっきーさん、来週お休みなので、
今日のうちに「ゴーストノート」の説明までやってしまおうと思います」

「お願いします!(°▽°)✧ピカーン」



a0155822_21290992.jpeg
さてゴーストノート、つまり幽霊の音。
メインとなる3つ目と7つ目の音以外のスネアは小さく叩きましょう。
ということになります。

音量の調節としては、
3つ目と7つ目のスネアがD(ダウンストローク)、それ以外のスネアはT(タップストローク)になります。

で、実際に小さく打とうと意識すると、
右手のハイハットやバスドラムもつられて小さくなってしまいがちですので、
そこを気をつけて練習しておいてください^^」

(わかりました!)

・・・
・・・


今日も盛りだくさんでした。早く2週間経たないかなぁ♪

それではまた再来週、今日はここまで!
ぱちぱち~



[PR]
by kaerusyokudou | 2017-11-01 01:33 | ドラム | Comments(0)