こゆっきーのしゃちょう日記 yukiweb.exblog.jp

コーヒー豆を焙煎するこゆっきーの徒然冒険日記。


by こゆっきー
プロフィールを見る

<   2017年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

a0155822_11041798.jpg
今日は久しぶりの出店でした。
急な決定にも関わらずお越し頂きました皆様、本当にありがとうございました。
元気をいただきました〜╰(*´︶`*)╯
また今後ともよろしくお願い致します。

thank you for coming today!

a0155822_11045140.png
インスタも沢山のいいね!ありがとうございました。

わざわざ顔見にいらしてくださった方々には感謝しかありません。



[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-30 23:00 | コーヒー | Comments(0)
a0155822_01522770.jpg

渋谷駅構内で遭遇したハイスタのでっかい新譜のスコア。この時はまだ未発表だった。
bpmがわかればコピーできるよねってツイートを散見。なるほど。

・・・
・・・

4歳から20代の前半まで、
私はピアノのレッスンに通っていました。

たまプラ→三茶→三鷹と
引っ越しするたびにお教室も変わり、
お世話になった先生方の数、
実に6人以上。

中学高校と合唱の伴奏係もやっていたので、
学校の音楽の先生も入れたら
私のピアノの恩師って
10人以上いることになるんですよね。

そこで習い事、と言って思い出すのは、
子供の頃まで遡って、本当に嫌だった先生。
あるいは言われて傷ついた一言だったり…

もうトラウマのようになってしまって、
ピアノまで嫌いになりそうだったほど辛い思いも何度かしました。
いわゆる、出来ない事にフォーカスするタイプの先生だったのかな。
レッスン中も常にピリピリしてました。

そんなわけで、
ピアノイヤイヤ期のピークには、
あまりのレッスンの行きたくなさに
うっかり忘れたフリしてサボったり、
まぁ、お月謝を勿体無い事をしてました。

今になって思えばすぐ別の先生に変えれば良かったんですが…
母曰く、学校のママ友繋がりのご紹介で断り難かったらしいです。

ピアノ暗黒期は引っ越しで先生が変わるまで続きました。
小学校の高学年からは地元で有名な良い先生ご一家に教わる事が出来て、
そこからはゆるゆると大人になるまで継続することができました。


で。

今回人生初のドラムに挑戦、
先生はどんな方かなーと思ってましたが。

先に結論言いますと、
これがもんの凄く良かった


前述の記事:体験レッスンで火がついた でも触れたように、
とにかく私は最短最速で上手になりたかった(理由は後述します)。

今回お世話になっている講師のK先生は、
指示も的確だし教え方も穏やかで聞きやすい。

先生を探すにあたって、
何人か講師陣がドラムをプレイしている動画も拝見しましたが、
イメージ通りの丸く柔らかい(あたたかい、かな?)音が自分の理想に近い感じがしていました。


そして迎えた体験レッスンでは
ある程度これはいけそう!という漠然とした手応えを感じてはいたけど、

その後、思いの外自分の成長というかレッスンの進行度合いが早くて
(それもやっぱり先生の教え方が自分に合っていたからだと思う)、
それでも流さないで、しっかり足りない部分は重点的に捉えてくださる。

…めっちゃ良い先生に当たったー!
と内心かなり喜んでいます。

昨日まで知らない・できなかったことが、できるようになる。

という大人になってなかなか味わえない達成感と

自己承認欲求を満たすのと(笑)、

なにより音楽の面白さ、楽しさを感じています。

最近、耳が良くなった気がするもの笑。

お陰様で楽しくドラムライフをスタートすることができました^ ^わーい、ばんざい!



たぶん今後もっと内容が高度になると、
それこそスティックを投げ出したくなる時もきっとあると思いますが(笑)、
その時はその時。

これからの人生にドラムという素敵な要素が自分の中に入ってきたと思うだけでもめっけもん、ニヤニヤが止まりません。

全部、生きてればこそですよね。

・・・
・・・

今の家、2年以内に引っ越すのが条件。
1年以内に引っ越し先を絞り込まなくてはならない状況です。

再来年以降、自分はどこにいるのか。
K先生に教わることができるかどうか。
実はそこが微妙です。

それはもしかすると仕事の関係で
ドラムレッスン継続そのものを断念しなければならないかもしれないし、
あるいは引っ越しで、
あるいは他の理由で… と様々ですが、

とにかくこの1年以内に、いけるところまで上達しなければ
思っています。


特にこの1,2年は神楽珈琲店の南さんや
福岡の美々の森光さんなど予期せぬお別れが重なり、
今の生活や状態がずっと続く事ってないんだな
漠然と痛感するようになりました。


だからこそ、一回一回のレッスンをしていただけることが
本当に有り難いなーと。

そう思うのであります。
・・・
・・・
・・・

おまけ。

a0155822_01361552.jpg
コピーした「キセキ」の楽譜。
レッスン当日までに不明点を極力なくしておきたくて。
自分の書き込みで真っ赤です。


熱中できるものがあるって素晴らしいこと。

健康で、ゆっくりとでもいいので
いつまでも続けられますように。







[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-30 03:03 | ドラム | Comments(0)
今日(9月27日)、撮影用のiPadminiを忘れちゃったんですよ。。。

なので、教室の画像なしです。
a0155822_21282695.jpg
代わりに華麗な森高千里のドラム姿をご覧ください。


さて、本日はレッスン4回目。

前回の最後は基本の8ビートでフィルイン挿入、
その中でも6切り・5切りといったバリエーションを学びました。
ドコドコとか、タカトンが最後に入るパターンですね。
もう初回からずっとやってきました。

a0155822_00422591.jpg
アレンジドby K先生によるGreeeenの「キセキ」ドラム譜をいただき、帰宅。

これを今回のレッスンの後半で、やることになります。

それはまたのちほどー。

・・・
・・・
・・・

まずはいつものようにウォーミングアップ。

K先生「いつものダブルストップですが、もうだいぶ慣れてきたので…
いきなりですが♪=160のスピードでスタートしましょう^^」

これはかなり慣れてきました。
手首を使って連打します。
160のスピードは早めですが、
スティックが上がらなくなってくることもなく、
一定のスピードでダダダダ…と両手打ちを続けることができます。

肩なども、疲れにくくなってきている気が!(≧▽≦)最後らへんちょっとつらいけど!

K先生「肩とかも大丈夫ですよね?着々と筋肉ついてますね!」

・・・
・・・

次、フィンガーコントロールについて説明。

K先生「やはり、手首の上下だけで打ち続ける今までのフォームだと、
スピードに限界があり、体力も続かない。

そこで手首の動きはゼロで、
指の動き(開閉)だけでシーソーのようにスティックを上下させる
コントロール法を身に付けることで、
だんだん指だけで力を制御できるようになってきます。

そうなってくると、170や180以上のスピードの曲でもチャレンジして大丈夫かな…と。
1、2年後には何でもこい!という状態になっていると思います。」


で、やってみたのですが、

なかなか手首をまったく動かさずに指(中指、薬指、小指)だけの開閉で
スティックを上下させることができない!
むずかしいー!

K先生「右手を練習する際、あいてる左手で右手の小指の付け根部分をおさえて
手首が動かないよう固定してみましょう」

と言われるも、やっぱりどうしても手首がくいくい動いてしまう。

…道は険しそうだ!


ふぅ。

・・・
・・・


では次、手足の筋トレ。いつものように足と手を同時に打って鳴らします。

(…つらい。つらい!)

K先生「ぜひ、肉でも食べて筋肉つけましょう☆」

・・・
・・・

続きまして、今日は前回学んだアクセントの続き。


前回教わった4パターンの復習をひとつずつおさらいした後、
今日はそれらの4パターンを順番に連続して叩き続けるつなげ方について。

a0155822_01271694.jpg
①のパターンを3回繰り返し、4回目は右側に移動します。

DTUT DTUT DTUT DTTU

今までの手順だと、左手が下向きポジションで終わってしまい、
①から②へ流れるようにつなげることができないんですね。

その為に、DTTU のように最後変化します。

そうすると次の②のパターンにスムーズに入ることが出来、
右手が下、左手が上向きというポジションに戻ります。


K先生「結構難しいですが、休符とアクセントが終われば
初級は手の練習は終わりなので、ラスボスと思ってがんばってください」


(がんばるです!!)

・・・
・・・
それでは、ドラムセットへ移動しましょう!

a0155822_13242969.jpg
どきどき♪



早速、先生に質問。

楽譜は家で歌にあわせて見てきたけれど、
先生が省略して書いているところが実際どういった手の動きなのか、
あるいは叩く太鼓がどれなのか。
オレンジやドーナツの右手、左手といった打順はどうか。

ひとつずつ先生と読み合わせて確認。
(つまり楽譜の読み方がまだあやふや。
ドラム譜はピアノと違って独特。
休符の種類はピアノと同じ解釈で大丈夫そう。)


もちろんフィルインのタイミング、休符の数え方等も
あわせて確認をします。

a0155822_00422591.jpg
K先生「…こゆっきーさん、まさか…もうできるの?」


私「やります(°▽°)✧ピカーン」


…で、曲に合わせてやってみました。


がしかし
僅か数小節でフィルの入り方を派手に間違え、
慌てて先生が駆け寄ってきて(汗)、
いまどこを演奏しているのか(これが途中で本当にわからなくなる)
を譜面を見ながらナビゲートしてくれました。

無事に1回、通しで叩くことが出来ました!


a0155822_03162006.jpg
できちゃったー


K先生「もう合格でもいいんですけど^^;
…せっかくですから今度は一人で、叩いてみますか?」


私「はいっ(°▽°)✧ピカーン」


…で、2回目は最後のフィルインで
頭が真っ白になって
一瞬手が止まってしまいましたが(おっしい!)、
なんとか持ち直して無事終了。


なんとレッスン一発で合格してしまいました172.png

a0155822_03583807.jpg
先生のドラえもんサインGET!!


・・・
・・・

最後に数分余ったので、講義を。
8ビートのバリエーション、今後いよいよ足の動きが増えていきます。

バリエーションリストを事前にいただいていました。


a0155822_03591309.jpg
8Beat No.1



右手と左手のポジションは全て固定。
曲によって、あるいは1コーラス目や2コーラス目で
違いがあったりと、
このような様々なビートのバリエーションが織り交ざっていきます。

ちなみにパターン②はキセキで既にクリア済み。

早速③と④に挑戦、なんとかクリア。



K先生「次に出す曲は、
ビートの足のバリエーションをもたせた難易度のものにしていこうかと。

次回までに、(普通の人は2,3パターンなのですが)
できるところまでやってみてください♪
パターンによって、
ゆっくりならできるけど、スピードが上がるとできない等の
発見があると思います。そこは次回チェックしますので」


次週はお休みなので、再来週までレッスンはなし。

その間、今日習った内容をしっかり復習するです!

・・・
・・・

今日は盛りだくさんでした。

いやはや、体験レッスン入れて僅か2時間半で1曲叩けるようになりました!


今日はここまでー。

ぱちぱち~








[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-29 20:17 | ドラム | Comments(0)

しゃけべん

a0155822_11312282.jpg
出ましたね、山脇りこ先生のお弁当の本!
さぁみんな、ポチっとご一緒に!

今朝は早速だし巻き卵に挑戦しました。

…が、これが難しい。あぁ。あぁ。。

卵焼き器欲しい!銅製のやつー。


[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-29 11:32 | おべんとう | Comments(0)
a0155822_00451205.jpg
はいっ。

9月からスタートしたドラムレッスンの様子レポ。

このブログを読んだ方が上達するかどうかはおいておいて、
私の備忘録の為のメモです。あしからず。

実際のクラスでの先生の講義内容を10分の1くらいのボリュームでメモっております。

そのうち動画なども貼り付けできたら、
ビフォーアフターで上達具合がわかるかもしれませんね。

・・・
・・・
・・・

それでは今回もウォーミングアップからスタート。
いつものDouble Stop・・・両手同時にFstフルストロークをする(左右そろえる)です。

メトロノームの速さをだんだん上げて、持久力に挑戦。
ぽんぽんぽんぽんぽんぽん…
ダダダダダダダダダ…

ここで私、肘をどのくらい曲げたらよいのかわからず質問してしまいました。
体と肘の間にこぶし一個入るくらいの間隔をあける。でよいそうです。

・・・
・・・
・・・

次、これも毎回やっている筋トレ。
フィンガリング、手のスナップと同時に足も床にドンドン…と付けていきます。

これ苦手。特に左足のつま先が上がらない
日々の鍛錬がものをいう一朝一夕ではできない部分。

K先生「いま1拍2回ですけど、そのうち慣れてきたら1拍3回打っていただきます^^」
ダダダ ダダダ ダダダ…のように。

(ひえー!)

・・・
・・・
・・・

では次、前回やったストロークの復習。

打面で止めるDown Stroke、できますか?

左右の手で何度かやってみる。

K先生「うん、いいでしょう!両手揃っていますね!」

・(大)Down Stroke…Hitと同時に指を握りスティックを打面すれすれで止める
・(小)Tap Stroke…打面上で小さくFull Strokeする
・(小)Up Stroke…Tapと同時に手首でスティックを上に跳ね上げる


こんどはこれらの動きををばらして、動きがぶれないかチェック。
そして止めた位置から小さくTap。からのUp Stroke…と6回の流れにしていきます。

 D D T T U U
(R L R L R L)

追いかけるように、両手を順に動かします。
・・・
・・・
・・・
a0155822_00415217.jpg
引き続き、新しいポイント。>アクセント(強く叩く)を学びましょう。
まず4つのかたまり、1234と考えます。
これをさきほどのストロークを使って、

             >
①(右手から振り下ろす) D T U T
             R  L  R  L

のように打つと、1打目だけ強い打ち方ができますね。要は強く叩く。

それではやってみましょう!

   
右上 D T U T
    R L R L

     
左上 T D T U
    R L R L

       
両下 U T D T

         
両下 T U T D  
    
これらのパターンを覚えると、自然とアクセントがどこにくるかわかります。
これらもオレンジ、ドーナツ、バナナといった
今後の基礎になるので練習しておくようにしましょう。

・・・
・・・
・・・
ではドラムセットに移動しましょう!
a0155822_00420359.jpg
8ビートのフィルインの続きです。


途中まで8ビートで、小節の最後でオレンジなどのおかずを入れます。

6切り、5切り…と言って、
途中まで拍を打って最後にフィルインを入れるやり方です。

a0155822_01502104.jpg
ここでまた復習、音符の位置で決められている、叩く太鼓の位置。

a0155822_00423701.jpg
※他サイトより引用

「1番括弧はスネアのみですが、
「2、「4番括弧はハイタム、フロアタムなどスネア以外の太鼓が入ってきます。

しかも、R、L、などの手の順番が決まっている。


a0155822_01502104.jpg
位置をまず確認してバナナ、ドーナツなどを入れていきます。

曲に合わせて、冒頭のクラッシュシンバルからつなげて4小節ずつ叩いてみましょう!

テンポ参考楽曲→Superfly - 輝く月のように



(曲に合わせるのは楽しい♪難しいけど。)


6切りが出来たら、今度は5切り。

少しずつ難易度が上がります。(打順、ドーナツはR●RLだったね!)
特に右手と左手の打順と、音符の位置で叩く太鼓が変わるので、そこが混乱しやすいところ。

文章にすると3行の内容だけど、実際は何度か繰り返してなんとかクリア。

(「4番括弧のフィルインのときにバスドラを踏みそうになる!)

最後にもう一度曲に合わせておさらい。

・・・
・・・
・・・

今日もかなり盛り沢山で、ぜーはーしました。

K先生「これ、ふつう3週間分くらいの内容なんですけど、こゆっきーさん早いですね!^^」

(…おぉ、ほんまかいな!嬉しい☆)

a0155822_00422591.jpg
最後に先生より、初心者の方が最初に課題曲にするGReeeenの「キセキ」のドラム譜をいただきました。

今まで教わった4切り、6切りといった内容が盛り込まれていて、
次回はいよいよ曲を1曲叩けそうです!


今日はここまで!
わくわく。

[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-28 01:06 | ドラム | Comments(0)
a0155822_02001851.jpg

今日は初納品のお客様の元へ。
場所は我が地元、吉祥寺。
でも新しいお店がどんどん入れ替わる街。

昔営業職をやってたけど、はじめましてはいつも緊張します。
コーヒー達も、新しい場所にうまく馴染んでくれるといいのですが。
お客様に笑顔になって頂けたらいいな。
もう本当、それだけですね。

[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-26 11:57 | コーヒー | Comments(0)
a0155822_00244267.jpg
はい、今月から始まりました、めざせドラマー!!
…の、レッスン2回目の模様。


まずは初めて教わるスティックを手に持ってのストレッチ

左手で逆手にスティックを持って、チップ側を右手で受け取り、
そのまま右手も左内側に入れ込み、腕の筋を伸ばす。
左右やって筋を伸ばしましょう。

…って文章じゃ伝わらないw

・・・
・・・
・・・


では、今日もどんどん叩いていきましょう!

フルストロークの確認。ぽん、ぽん、ぽん、ぽん…

そのままダブルストップへ。
ぽぽぽぽぽぽぽぽ…

(♩=140メトロノームと合わせるのが大変!)

更に♩=160のスピードでダブルストップ。
ダダダダダダ…

(少しずつしんどくなる…左手が死ぬ…)

K先生「いい感じですね^^このぶんだと1ヶ月くらいで楽になると思いますよ」

(ほんとですかー?w(*゚o゚*)w)

K先生「こゆっきーさん、だいぶ練習やってますね^^」
とお褒めの言葉。ありがとうございます!

・・・
・・・
・・・

そして前回やった手と足の筋トレの復習。

手の筋トレ ①スティックは持たず、エアーで。まず指輪っかをつくる(人差し指と親指)。そして残りの指3本でスナップ音がするくらい強く握ってはひらく、の繰り返し。
足の筋トレ ②すね(かかとをつけた状態で両足のつま先で床をドンドンと打つ)手と足を両方同時に。

K先生「足、もう少し(稼動域)上がりますか?」

(><これでもまだ精一杯です…!!)

K先生、「なるほど、いいでしょう☆」

・・・
・・・
・・・

それでは、今日はフルストロークに続いて、他のストロークもやりましょう!
a0155822_21231941.jpg
・(大)Full Stroke…叩いて跳ね返し
・(大)Down Stroke…Hitと同時に指を握るとスティックが止まるので、それを利用して
    打面すれすれで止めることができる。
・(小)Tap Stroke…打面上で小さくFull Strokeする
・(小)Up Stroke…Tapと同時に手首でスティックを上に跳ね上げる

①R(右手)FDTU 練習する
②L(左手)FDTU %くりかえし
③RL同時に練習する

・・・
・・・
・・・
では、ドラムセットに座ってみましょう!
a0155822_13242969.jpg
足は垂直よりちょっと前に出る程度に座る。

まずは8ビートの復習。せーの!
a0155822_21233380.jpg
最初のどあたまにクラッシュを入れて、繰り返す。

a0155822_21234989.jpg
そして4小節目にフィルを入れていく。前回やったオレンジ、ドーナツ、バナナなど。
ずっと右手が動いたまま(叩き続ける)ことになる。
フィルを叩く間は足(バスドラ)はお休み。

「1 1番かっこ、
「2 2番かっこ
といった指定括弧を使って、ループでつなげていく。

・・・
・・・
・・・

a0155822_21240441.jpg
そして更に続いてスネア以外の太鼓も叩いていきましょう!
譜面上ではこの音階の表記がそれぞれ叩く太鼓の位置を表していますので覚えましょう。

まずはオレンジのリズムで。

体を三角形にキープしたまま、体の向きを回して
スネア→ハイタム→ロータム→フロアタム、と順番に叩いて(タムを回して)いきます。
a0155822_13242969.jpg
ドコドコ、ドコドコ、ドコドコ、ドコドコ…(タムを回している)

更にスピードアップ!ぐるぐる続けて!!

(スネアに戻るときにスティックがぶつかりそうになる!)

また、オレンジだけでなく、ドーナツ、バナナのリズムでも練習していきましょう。


a0155822_21241838.jpg
というわけで、4小節目に、これらのフィルを入れていきます。
冒頭のクラッシュを忘れないように。

(曲に合わせてやってみる)
(オレンジ、ドーナツ、バナナの順で繰り返し、止まらず通しで完了)

K先生「…うん、完璧です☆」

((*'▽'*)わぁ♪できたー!)



今日はここまで!

[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-25 01:07 | ドラム | Comments(0)

SCAJ2017行ってきました


a0155822_00260020.jpg
ビッグサイト遠いよ~(涙目)それでも名古屋の頃よりは!近い!



写真が多いのでフェイスブックページのリンクをはります、どん!



[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-22 00:23 | コーヒー | Comments(0)

明日はSCAJ行きます

a0155822_22455855.jpg
たぶん今日から3日間は
日本全国のコーヒー屋が軒並み休むか
店主不在になる日です。

例に漏れず私も
明日はビッグサイトにちょこっとだけ行く予定。

会場でぼんやり歩いているのを見かけたら
是非お声がけください。
「あの日しゃちょうをお見かけしました」
と後から言われるのって、
ものすごく恥ずかしいのでw

そんなわけで今朝のコーヒーは
気分も爽やかに、
エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラルです。
おはようございます。

#coffee
#tengucoffee
#自家焙煎珈琲
#朝の一杯
#エチオピアコーヒー
#ethiopia
#yirgacheffe
#g1

[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-20 08:45 | コーヒー | Comments(0)

唐揚げタルタル弁当

a0155822_14454840.jpg
「弁当だと稼動域(行動範囲)が狭まる」とのことなので、

家族に弁当を作るのはやめました。

つまり、ちょっと机とかがあって、座って弁当広げられる場所でないと、
昼食が食べられないとなると、かえって大変、と。

なるほど。そうですか。



そんなわけで、専ら自分用の弁当です。


今日は唐揚げね。


タルタルソースは茹でたオクラを混ぜて粘性を高めました。
もったりと。


a0155822_14461906.jpg
ななめ!

ズッキーニ&赤パプリカはしつこいですが空やさいさんのとこの子です。

ツナで炒めました。


その他、卯の花は市販品、てへ。

a0155822_14470361.jpg

主婦のドヤ感。

[PR]
by kaerusyokudou | 2017-09-19 07:07 | おべんとう | Comments(0)